小説『森一族』

戦国時代を彗星の如くに生きた森一族の小説です。 SINCE:2008/9/20

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公開前よりご訪問くださり、ありがとうございます。

2008年9月20日0時より公開します(恥)。
 『第一部 森可成編』の「プロローグより順次掲載予定です。
週1のペースで更新できればと思いますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。
スポンサーサイト

ご挨拶

うきき
 みなさまこんにちは。当サイト管理人の「うきき」と申します。
戦国時代を彗星の如くに生きた森一族を愛してやまない人間です。
 森一族に巡り合ってからの人生、四六時中彼らのことを考える危険な日々ですが、文献を読みあさったり、史跡をめぐって森家を知りたいと思う自分とはまた別に、彼らはこうであったのか、ああだったらよいな、と自分の想像力(または妄想)を織り交ぜて自分なりの世界観ができあがってゆきました。

 そして、文章の綾も判らぬ自分ではありますが、部分部分の想像の世界をつないていって、ひとつの小説にしてみたいと願った次第です。
 さらに、ド厚かましいことには、森長可公生誕450年にことよせて2008年9月20日より公開することにしました。
ただただ、自分の楽しみとしてこっそりと書きつづらせていただきたいと思います。

 すごくスローな人間なので、更新がどうなるのか判りませんが、週1更新を目指しております。
どうか生暖かく見守っていただけると感激でございます。

取扱書

 この小説は、自分の想像に任せたいわば、「※この小説はフィクションであり、実際の団体とは一切関係ありません。」という世界であります。
どうか、史実とは関係なしに、単なる物語としてご覧ください。

 ただ、ストーリー上にあまりにも私の強引な想像を差しこんでいる場合は、各記事の下に補足とかを差しこませておきたいとも考えております。


【お願い】
ほんとに、単なる物語としてご覧ください。あくまでも管理人の想像がベースですので。
この小説サイト内に関するご感想・ご質問などは、本家RANMARU!の掲示板には書かずに、このサイト内のコメント欄にご記入お願いします。
管理人はトラックバックの意味がわかりません。

森可成編 プロローグ

 夏。

 灼熱の白光に照りつけられながら、森可成が家臣らとともに蓮台村の木曽川のほとりを馬を歩んでいた。

 泥とともに土手に打ち上げられた魚や水草の腐った臭気が熱気のせいでむせかえらんばかりである。
「臭い。鼻が曲りそうでござるな。」
死んだ魚介の肉に群がっていた蝿たちが、馬の吐く息の臭いにつられて、可成たちの元へも寄ってきた。
「連日の大雨により、木曽川の土砂が堤よりあふれ出てかくのありさまでございます。この辺の田畑の作物は半分は泥田となって手のほどこしようもありませぬ。」
寄り来る蝿を乾いた手で払いつつ、近松新五左衛門が言った。
あまりの臭気にさすがの可成も息を押し殺して腕で鼻をふさぐ。
「…いかんな。これではじき病になる者も出てこよう。」

 昨日までは荒れ狂ってどす黒い土砂を村々に押し流して、若い稲穂の緑を一瞬で暗黒に染めた
木曽川の水面が、今朝は、人間の悲哀とは無関係にまばゆいほどに輝いて白色の光りを放っている。


 木曽川は鬼であり、菩薩である。
あらゆる生物の命を慈悲深く助けた翌日には、雷のように波をあげてそれを奪う。秋の実りの望みを失った村人たちが、このむせかえるような臭気の中で、力なく木片を拾ったり、巻き添えを食った動物の死骸を引いたりしている。

 可成たちの馬のすぐ傍では、泥混じりのムシロに座らされた老婆がいて、蝿を追い散らす気力もなく、ただ、呆然としてこのあり様を眺めていた。

  蓮台村でも、可成の居城や重臣たちの住まう屋敷は高台にあり、ほぼ水害の及ばぬところである。しかし低い土地に住む村人の家々や田畑は水に浸かり、今食べるものさえ事欠く者たちであふれ
かえって可成の頭を悩ませた。

 父・可行が故郷の森村を離れてこの蓮台村に城を築いて以来、森家はこの木曽川下流の土地を牛耳るようになった。しかし、いずれにせよ森家の領地は、水辺の脅威に常にさらされていた。
雨季に水量があまりにも増せば、木曽川は溢れかえって提を破壊し、その先にある人間の営みに被害を及ぼす。
村が荒れれば、村人は可成に助けを求めてくる。
しかし、可成とて、度々襲う木曽川には如何ともし難い。
「ああ!もっと、よい土地へ行きたい!!」
「村人を捨てるおつもりですか?」
「違う!村ごとよい土地へ行きたいのだ!!!」

 可成の目の前に、農民には似合わぬ白い肌をした娘が小走りに走っている。
白い肌といっても、素足も腕も、顔までもが泥だらけであったが一人だけ目を潤ませ清々しい顔をしておおいに笑っていた。
可成に気づかずに通り過ぎようとした娘を近松新五左衛門を「こら!」と叱ると、娘は何をとがめられたのかも判らず、可成が何者かも判らず、じっと馬上の人を見ていた。
 「何が嬉しいのか。」
可成が問うと、娘は頭をさげることも知らずに、ただ、二、三歩引いて
「寺の観音様が泥の中にいらっしゃったでな。よかったよかった。」
と、泥まみれになった物体を差し出して可成に示した。
今日の飯を食うことも事欠く娘が、泥まみれの木彫りの粗末な仏像を抱いて嬉しそうである。
今、その仏像を得たところで、何になろう。
可成の苦々しい表情に娘は無垢な笑顔を返し
「きれいに洗ってあげるんじゃ。」
と、木曽川へと走っていった。
 可成は苦笑に堪えかねて相づちを求めるかのように近松のほうを向くと、可成とは反対に近松は目を潤ませて、信心深くて健気な娘の姿を追っていた。
 驚いたことに、娘は自分の身体ごと水に飛び込んでしまった。
可成と近松の二人はともに無言を保ち、それぞれの思いで娘を見つめていた。
娘はやがて粗末な着物を脱いで腰に巻きつけ、どこからともなく青々とした草を摘んできて丸め、白い肌を顕わにしながら手にした草で仏像を洗い清めていた。
きらめく水面で若く白い肌をさらす娘のまばゆい姿から男ニ人は目を離せぬまま、しかし先に口を開いたのは、近松であった。

「お英様もあのような信心深い御方なのであらせられましょう。」

 今日の暑さは、額にかく汗もじりじりと音がしそうなほどである。
むせかえる泥の匂いと死臭の上に、更に「英」というその名を聴いただけで、可成の心はぐっと重くなった。

 英には、あの娘のような笑顔もないし、あのような天真爛漫さもない。
ただただ暗くて面白味に欠ける娘なのである。

その娘を嫁に貰えと、織田信長が言ってきたのだ。
「まったく…ついておらぬわ…。」
可成は押し黙って憂鬱そうに木曽川のほうを見ていた。
やがて仏像を洗う娘のそばに何人かの娘たちが寄ってきて、
身体を洗うついでに、すいすいと泳いでいたのだった。

工事中です。

 
せっかくご訪問くださいましたが、申し訳ございません。
『第二部 森蘭丸編』は、第一部の連載が終了してからの公開になります。早くここまでこぎつけたいものです。

 

プロフィール

うきき

Author:うきき
森一族の小説を書こうとしています。

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。