小説『森一族』

戦国時代を彗星の如くに生きた森一族の小説です。 SINCE:2008/9/20

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第四十話:「信長の妻(二)」

林新右衛門は、森与三との尾張における再会をたいそう喜び、
「これこそが御仏のご加護ぞ、お導きぞ。」
と繰り返して、与三の手に取りすがらん勢いで両腕を回してきた。
 与三とて見知らぬ織田家の中での知己との再会を喜び安堵する気持ちもあったが、新右衛門が
「余語殿もご一緒においでなのでしょう。よろしゅうございましたな。頼もしい限りですな。」
とのたまう言葉に多少ながらカチンときた。
余語盛種は尾張に来て以来、何かと織田信長に呼ばれてはそのまま出て行ったきりになる。与三などは信長から名前すら尋ねられていないと言うのに、どうしたことか、信長はやけに余語を気に入ったようである。確かに余語は姿形が整っているから、大勢の中にあっても、咄嗟に目につきやすい。

「さぁ、森殿、こちらへ、こちらへ。」
 新右衛門の招くままに織田家の那古野城の御殿屋敷の廊下を歩けば、続く道は明らかに信長の私的生活空間でもある奥御殿である。分かっている、新右衛門は主人でもある北の方・帰蝶の元へ与三を案内しようとしているのだ。それは既に新右衛門本人から聞いていた。しかし、今朝、いきなりの事だったので与三は緊張感がぐっと増した。
 さて、新右衛門が与三の身体に寄りかかるほどに近づいて、ささやくように言う。
「お方様はおなごながら企てをなさるお人じゃ。あれほどに優れた切れ者は男の中にもおらぬでありましょう。」
 そんな話を耳に入れつつ廊下を進めば、曲がり角にいきなり新右衛門の娘・英が音も立てずに現れたので、父娘とでお互いにぶつかりそうになった。英は水を張った盥を持っていた。与三がとっさに手を伸ばして英の手にした盥を支えておらねば、盥の中の水は廊下にぶちまけられて目も当てられない状態になっていただろう。今は、左右上下に振られてうねりを描いた盥の中の水が三回、四回と回って与三の袖や懐を濡らしてしまったが、しかし英はそれを申し訳ないと謝るどころか、自分の持っていた盥に向かって与三が野太い腕を伸ばしてきたことが恐怖であったらしく、まるで与三が自分を襲ってきたかのようにおののいて全身を縮めて廊下を後ずさりし始めた。盥を与三に持たせたままで。
 英は以前とは違って明るい桜色の着物を着ている、いや、誰かに、恐らくは女主人の帰蝶に暗い着物を見咎められて、明るい色を着せられているのだろう。しかし、それが何か彼女の表情や気質にはそぐわない色であった。
 新右衛門は娘の失礼も気にせぬように、
「英や。こちらにいらっしゃるのは美濃からおいでになった森殿じゃ。知らぬか。」
と、娘に問いかけたが、英は小刻みに横に首を振って森与三の事を知らぬと否定した。与三は英の必要以上の怯え方に傷つきながらも
「水の入った物は下から抱えるように持たれよ。そなたの持ち方はひどく危ういぞ。」
と盥を英の前に突き返した。英は愛想笑いもせずに、恐る恐るに盥を受け取った。英は、目線を横にそらしたまま、少しだけ、首を縦に振って礼をした。
それを見た与三とて『誰が笑ってやるか。』と口を真一文字に結んで不機嫌に見せた。ただ、新右衛門だけは、その二人が身体を向かい合わせにしてそのまま黙ってしまったのを、間に立つようにして、目を見張るようにしていた。

「英、お方様にお目通りを願いたい。」
父の新右衛門が優しくそう話しかけると、英はその場を外して足早に帰蝶に知らせに行った。そのトントンと小走りする振動で、英の歩く跡には盥の水がピチャピチャと落ちて点線を描いていった。それを後ろからたどるように見ていた与三はため息が出そうになったが、まさか新右衛門の前では娘への不服を顔に出すことはできない。
この新右衛門も変わった男なのか、何も感じていないのか、今の娘の粗相は言及せずににこやかに笑う。

 新右衛門と与三は接客の間に通されて腰かけていると、ほどなくしてそこへ帰蝶が入ってきた。たちどころにその部屋は、麝香のかぐわしい匂いがただよって与三の鼻孔を突いた。与三は貴婦人の高貴な薫りに嗅覚を刺激されてか意図せず顔が真っ赤になってしまい、それが自分でもわかったので、どうしようかと緊張して頭を下げたままになった。
帰蝶の後ろから、先ほどの英もついて部屋に入ってきた。
帰蝶は与三らの前に置かれた畳の上にゆったりと腰を下ろした。笑ってはいない。いや、むしろ眉間にしわを寄せて難しい顔をしている。与三の姿をじっくりと見てはいたが、警戒し、観察するような視線であった。

 林新右衛門が話を切り出す。まずは与三を紹介した。
「お方様、こちらは森与三殿でござりまする。戦においては常に手柄をお立てになっておられます。」
頭を下に向けていた与三は、そこからさらに下向きにこうべを垂れてお辞儀した。
帰蝶は頷いた。
「先日、到来の折に既に皆のおる場で挨拶を受けました。生まれは蓮台村とか、隼人殿の元におられたとか。覚えておりますとも。」
「さようでございます。」
与三は、ようやく安心して顔をあげた。しかし、帰蝶は、眉をしかめたまま動かず、しかし呼吸が深くなった。理由は分からないが、その表情は憤慨しているかのようにも見えた。
「森殿。ならば妻子は関城に置いてこられたのかのう。」
「え。」
思ってもいない問いかけが降ってきたので、与三は拍子抜けした。
「いえ、拙者は妻子はおりませぬ。ただ、家来は御屋形(道三)様の元にお預かりいただいております。」
今度は帰蝶が目を丸くした。
「父の?」
新右衛門が横合いから乗り出して
「森殿は隼人殿の元では浪人分なれど、御屋形様のご信頼も厚いのでございます。軍議の時でも、若い森殿にご意見を求めるほどですぞ。必ずお方様のお力になれるはずです。ご安心くだされ。」
と言葉を補った。
”浪人分”などと、新右衛門は余計なことまで含んで発言したが、そうすると、ようやく帰蝶が顔の緊張を緩め、しかし笑うこともなく、与三の顔を真正面から見た。
「そうか。林殿がそれほどおっしゃるのなら確かなお人なのでしょう。よろしく頼みますよ。」
どこから湧きあがってくる感覚であろうか、与三は、帰蝶には信用されていないばかりか、疑われているのでは、と感じた。









スポンサーサイト

第四十一話:「信長の妻(三)」

 ゆったりと腰をおろした帰蝶は、白い指を扇子にからめ、ギュッとそれを握った。
「信秀はもう起き上がれもせぬし、ろくに物も言えぬようじゃ。長くあるまい…。
父親がそんな有様というのに信長はあのように毎日遊び歩く始末。信長が城を開けるものだから、この城の切り盛りもすべて宿老の平手が一人で行い、誰がこの城の主なのかわからぬほど。しかも困ったことにあの平手は私を嫌って、人のすることなすことを鬼か蛇のように見張っておる。私はこの城の北の方というのに…見下したかのようなところがある。」
嫁ぎ先への愚痴にも近い帰蝶の言葉を、与三は新右衛門と並んで黙って聞いていた。
「なぁ森殿。もし信秀が亡くなれば、その先、織田家はどうなると思われるか。」
帰蝶が顎をあげて不意に与三に訪ねてきた。
「有無を言わせぬ力で織田家を一つにつなぎとめていた屋台骨が折れれば、嫡男の信長がどのような出来であっても、まず、この機会に誰もが織田弾正家の主を一斉に潰しにかかるは必至。」
与三の答えを半ばに、帰蝶が口を挟む。
「その弾正家の中がそもそも危ういのじゃ。信長には信行という弟がおる。信長とは打って変わって、まるで気の小さい弟だが、母親はむしろ信行のほうを好いていて、殊勝にも周りを信行の味方に取り込もまんと夫の死ぬ前から早々に動いておる。信長とて…実の子であるのに。どうなるであろうか。」
それには「いやいや…。」と与三は右手を振り、首を振る。
「ならば、それを何とかいたすために拙者どもがここへ参ったのです。まずはお方様のためにも、信長殿にお味方して盛り上げねばなりませぬな。」

与三の言葉に、帰蝶は頷いた。
「ならば、ならば、まずは森殿が信長に気に入られることじゃ。しかし、ここは敵地じゃ。特に平手は怖い。森殿もどこで何をどう見られておるのかわからぬから気をつけられよ、私同様にの。もし今後、何か私に伝えたいことあらば、英に言うておくれ。」

 英に言うておくれ…女主人の言葉を予想していなかったのか、英は、ビクリと反応した。そして困惑の色をなして帰蝶を見上げていた。与三もとまどい「何ぞあらば、拙者は新右衛門殿にお伝えし、新右衛門殿が英どのにお伝えし、英どのがお方さまにお伝え申し上げればよろしい。」と答える。
帰蝶は、その切り返しがつまらないのか、嬉しいのか、意味ありげにフッと笑った。

その時である。
部屋の外に控えていた侍女が「あ!お方様!上様のおなりです!」と慌てて叫びをあげた瞬間に、気配の無かった襖がいきなりパーンと開け放たれて、当の織田信長が部屋に現われたのである。

部屋の中には、帰蝶と英、森与三と林新右衛門の四人がいる。
開け放たれた襖からは一気にまばゆい陽の光が差し込み、それに背を向けて仁王立ちした織田信長は、真っ黒い影となり、白い両眼だけが目立っている。与三はその両眼の恐ろしさに、なぜか肝が冷えた。
一方、帰蝶とくれば、先ほどのたくらみは何事も無かったかのように悠然とほほ笑む。いや、次の瞬間にはプゥと頬を膨らませて拗ねた表情をした。
「まぁ、殿。いつお戻りでございましたか。朝からまったく私にお声もかけてくだされなくて、とてもお寂しゅうございました。」
信長はそれには答えず、足を鳴らしてズカズカと部屋に入ってきて、帰蝶の横に足を投げ出すようにして座った。そして帰蝶の腰をポンと叩いた。信長は手には瓜か何かを持っていて食っている。与三は信長に対して頭をさげた。それにつられて帰蝶が口を開く。
「殿、こちらは尾張蓮台村の森与三と申す者です。しかし、この年にもなり、ましてや殿の御前にもあがるようになったのに、名乗るべき名がこのままではどうかと話していたのですよ。どう思われますか。」
帰蝶が何食わぬ顔で言ってのけると、信長は口から漏れる瓜の果汁を袖なしの帷子の肩でぬぐった。そして健康的な粒ぞろいの歯を立てて、また口にかぶりつく。ムシャムシャムシャ。
「朝廷に申し入れてそれらしい肩書をもらってやる。下の名は親の名でも使って好きに名乗ればいい。」
信長はたったそれだけ言って、再び口の周りをぬぐった。。
与三は驚いて顔をあげた。信長は瓜を頬張れるだけ頬張ったまま一心不乱に与三の顔を見ていたので、目が合った。
朝廷…。
 嘘か誠かわからぬが、多くの武士がそうであるように仮名を勝手に名乗るのではなく、信長は織田家と気脈を通じた貴族にでも相図って本来あるべき形で朝廷から正式に役職名を貰えるように打診してくれるというのか、与三に対して。確かに織田家は信秀による朝廷への貢献も大きく交わりも深く、それだけの配慮ができるであろう。
しかし、与三は、これは嘘だろうと思った。
信長の軽々しく適当な発言だろうと思った。
なぜなら、与三は斎藤道三の弟・長井隼人の浪人分にすぎないのである。
このような身に、そのような厚遇があるはずもない。
その時、信長は喰い終わった瓜の皮を、さきほど自分が開いた障子の隙間より表に向かって腕を振り、ポイと投げ飛ばした。ハッと我に返った与三は、自分が礼を忘れていた事を思い出した。信長は、与三を真正面から睨んですかさず口をきいた。
「で、そなたは儂に何をしてくれるのか。」
信長の両眼がぶれない視線でジッと与三を見ている。与三は不意を突かれたような言葉に息が止まった。咄嗟に言葉が返せなかった。何だろうか、この年下の少年から醸し出される威圧感は。
 信長は立ち上がった。与三が間近で見た信長の身体は、驚くほど華奢で細い。与三の腕力で以てすれば、必ずねじ伏せてしまえるであろう。それなのになぜ、先ほどはあれほどに圧倒されたのかと疑わしいほどだ。
 信長はアゴと指とを動かして、与三について来いと促した。いつも余語を連れ出す時と同じような仕種だ。
与三は、帰蝶の顔を見ると、帰蝶も緊張した面持ちで、ついて行けと目配せする。
信長の細い背中、信長が一生見ることのない信長自身のうなじまでもを真後ろで間近に見つめながら、与三は従順そうに信長について歩いた。

『これほどの近さなら、今なら、信長を殺せる。』
と、ふと脳裏をよぎり、美濃にいるときは遠い存在であった信長が腕の伸ばせる距離にいることに、自然に興奮し、つい胸が早鐘をつくように高鳴った。
信長は縁側から、裸足のまま白い小石の上にジャンと飛び降り、さらに速足で歩いて行った。







 

プロフィール

うきき

Author:うきき
森一族の小説を書こうとしています。

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。