小説『森一族』

戦国時代を彗星の如くに生きた森一族の小説です。 SINCE:2008/9/20

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

Information

Date:--/--/--

第十六話:「謀殺(一)」

 浅い眠りのままに夜が明けゆく。まだ薄暗くて闇にも近い部屋の中で、何やら空気が動く気配がして与三が薄ら目をあけると、目の前に余語が立ち背中に自分の荷物を負っている。彼の家来も、まさに今荷物をひと箱に納め、出立の準備をしていた。
今日は長井隼人の申す通りに関城に戻らねばならない。
 余語が大小の刀を腰に差す。「用意が早いな…。」と、与三はまだ完全に目覚めぬ意識の中で思ったが、ありえなくも余語が寝ている与三に頭を下げ、立ち去らんと背を向けた。余語は与三がまだ眠っていると思っているはず。この所作は何か。驚いて与三はガバと起きあがった。
「おい。」
与三は床の上から余語を見あげる。余語は少し口角をあげて笑った。与三は、はっきりと目が覚めた。
「おい、どこへ行く気だ。」
「長井隼人について行く気はないもんでな。」
与三が「おい。」と声をかけるが早いか、余語は家来とともに、板扉をあけて裏口から走り出て行った。与三は床の上に座って膝を立て、あっけにとられたままであった。衝立の向こうにいた武藤らが「何かあったのでござりまするか。」とようやく起きだす。
 
 夜が明けようとしている。長井隼人は心変わりせずに、稲葉山を去って関城へ戻るための出立の準備をしている。斎藤道三と織田信秀の和睦に反対しての意志表示である。
だが、与三は思っていた。
「どうせ道中、道三の使者が隼人を連れ戻しに追いかけてくる。そうして、隼人は再び道三との話し合いに持ち込む気だろう。」そういうつもりであるから、またこの屋敷へ帰ってくるつもりで、家来らに荷物もほとんど持たせずにいた。
 薄暗い空の下、長井隼人は与三を含む供を連れて帰ろうとするが、意外や、関城の供をさせるための割には隼人が集めた兵の数が多い。隼人の元来の家来でない者も含まれているようであった。武藤らも「様子がおかしゅうございませぬか。」と、与三に問いかける。
隼人が稲葉山城下の屋敷を出発し、与三は傍に従った。
城下町を通り抜ける。関城へ戻るためには左に折れるべき道を、隼人は右に折れさせた。与三は、いぶかしんで隼人の背後に馬を寄せて尋ねる。
「どこかに立ち寄られるのでございますか。」
「ああ。」
「加納のほうですか。」
与三が細かく尋ねると、隼人は流し目で与三の顔を見る。
「もっと馬をこちらへ寄せろ。」
与三は言われたとおりに、自分の乗る馬を隼人の馬に寄せた。
「今日、尾張から織田家の宿老である平手政秀が和睦の使者として美濃に入る。そなたに兵を貸すから、何とか細工して奴を切れ。充分な恩賞を考えておる。儂は関城にて吉報を待っておるぞ。」
その隼人の言葉に、与三は馬上で仰天してよろめきそうになった。隼人は怒りのあまりに気でも狂ったのだろうか。隼人の自前でない兵は和睦に反対する奴らなのだ。隼人はいつの間にか他の者らとその相談をつけて同意の兵を集め、織田家の使者の暗殺をもくろみ、そしてそれを与三に託そうとしている。
与三の目が泳ぐのを、隼人は敏感にとらえた。
「よいな、与三。これがうまくいけば、家老にしてやろう。」
しかし、この暗殺計画は斎藤道三に背く命である。何かあれば長井隼人は、これを与三の勝手な行為と言い訳して与三を罰して自分だけ逃げる気ではないだろうか。与三の脳裏には、今朝、隼人に見切りをつけて出て行った余語の姿が浮かんでいた。

「捨て駒になるなど、冗談ではない。」
 与三は瞬間的に自分の身を守ることを考えた。もし、本当に事に当たるとしても、絶対に隼人が事件とは無関係と言い張れないような証拠を携えておかねば、後でどう料理させるかわからない。とにかく、いかに暗殺するかという事よりも、自分の身の安全を確保せねばならない。
「血走った物々しい兵を従えれば怪しいことこの上ないではございませぬか。隼人殿の若手の小姓を数名お貸しくだされ。」
隼人は「何か策があるのか。」と言った。先ほど暗殺を命じられたばかりの与三に策などあるはずもない。ともかくも、隼人の可愛がっている近習を人質に取ることのほうが与三にとっては本能的に大事であった。
隼人はすんなりと自分の血縁でもある左右の小姓を与三に差し出した。
しかし、この先、どうするのかちっとも考えていない。
そもそも、与三は織田家の使者を暗殺するなどまったく考えていなかった。しかし、もう、隼人が動き出した以上、止めることもできない。
どうすべきか________。

 異変を感じて隼人と与三の話に加わろうした伝九郎が走ってきた。しかし、隼人も与三も、伝九郎には目もくれずにいた。
「頼んだぞ。」隼人が力強く言うと、与三は黙って頷いた。
「参ろうか。」与三は、小姓2人に声をかけて、武藤らを従えて、加納の道へ向かって馬を走らせた。


第十五話:「蝶番(三)」      第十七話:「謀殺(二)」
 
 

Information

Date:2009/02/14
Comment:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。