FC2ブログ

小説『森一族』

戦国時代を彗星の如くに生きた森一族の小説です。 SINCE:2008/9/20

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

Information

Date:--/--/--

第十八話:「謀殺(三)」

  森与三と余語盛種がごちゃごちゃと言いあう後ろで、武藤が「おわっ!」と叫んだ。
 いつの間にか次郎と小次郎の姿が無いではないか。遠くにその逃げゆく姿が見えたが一瞬で地平線に消えた。
 与三も目をひんむいて余語に「お前のせいで、逃げてしまったではないか。」と叱り飛ばして腹立ち紛れに足元の石を蹴り飛ばした。
武藤が「追いかけて連れ戻しまするか。」と与三に問いかけるが、与三は「もうよい!」と首を振る。
武藤はムムムと顔をゆがめた。
「しかしあいつら、隼人殿にはいかなる言い訳を致すであろうか。儂らを悪しく言って自分たちは助かる気でありましょうな。」
と深々とため息をついた。余語は興味深そうにそれを聴きながら「だから、先程走ってきた兵を追っているのか。何の旗印も出さないなんておかしいじゃないか。」としつこく武藤と与三に割って入る。余語は先程から何を言っているのだ。与三が眉をしかめると、余語は「もうよい。あやつらが何をしようとしてるのか自分で様子を見てくるわ。」と馬にまたがる。「おい!行くな!」と与三は半ば怒りをこめて余語を追いかけてゆく。

 街道辻の曲がりにまで行けば、瞬間にして与三の全身に鳥肌が立った。ひと気が一切無い風景で殺気がみなぎっている。余語も同様に殺気を感じているようで馬を押しとどめた、いやその前に馬のほうが畏縮して勝手に止まった。耳を澄ませば、どこからか鎧の摺れる音がする。余語が言っていた先程の”三十騎ばかりの兵”が道をはずれた草むらや岩かげに隠れているのかも知れない。目に見えぬ伏兵だが人数の多さを気配で感じ取った。彼らが潜むのは、むろん与三や余語を狙っての事ではない。だから普通に通り過ぎても襲われることはないであろう。しかし静かにみなぎる殺気に、与三も思わず生唾を飲んだ。そして、何も気付かぬそぶりで余語と並んで「行くぞ。」と小声で言ってその場を穏やかに通り去った。
 
「ははは。ありゃ、何を待ち受けて切る気なのか。」道を通り過ぎた後には、余語が与三のほうを向いてホッとした笑いをした。与三は「知らぬ。」と短く言葉を返した。
「いや、森どのは自分が切られることはないと判っていて道を抜けた。ならばあれは隼人の手の者であろう。」
そんな余語を無視する一方で与三は心の中で余語の言葉を反芻していた。先ほど潜んでいた兵は、やはり隼人の仕込みではないのだろうか。隼人め、儂では駄目だと見越して、儂より先に兵をあの場所に回しておいたのかも知れない。
与三が苦虫をかみつぶしたような顔をするのを覗き見て、余語は片頬を緩めてニヤリとした。
「なんぞ面白くなき事が起きたようだの。もしや、あれか。また今日のうちに織田家の使者が来るのか。」
余語は憶測できわどい言葉をドンドンとついてくる。与三は何も答えない。
「まぁ、道の向こうから誰かが来るようであれば、道の先に伏兵が忍ぶ事を教えてやるが親切というものだな。それを報せに森どのもこの先へ向かっているのか。では、何かうまい話にありつけるということか。」
余語がニヤリとしたのとは逆に、与三はムスっとしたまま「貴様はこれ以上ついてくるでない。」と顔を逸らす。「拙者とて、親切がしたいのだ。」と余語はますますニヤけていた。

 与三はとうとうそのまま余語と一緒に加納を過ぎた。そして美濃と尾張を大きく遮る木曽川の風景が目に入れば、目もくらむほどの大人数の織田軍が川向うの岸にひしめき合っている。川向うの尾張側には、すぐに与三の故郷である蓮台村もある。
「おいおい、何千騎並べてるんだ!合戦かよ!!!」
余語が叫んだ。
「和睦じゃなかったのか。あの話はどうなったのだ。」と、余語は与三に詰め寄るが、与三にとっても思いがけないことである。ただただ愕然として目を丸くした。
 織田側には使者を示す旗を押し立てた大船が用意されている。その傍には裃に身を包んで正装した人物が扇をかざして美濃の空を見つめて立っている。あれが織田家の使者であり宿老でもある平手政秀の姿であろうか。その時、織田軍からまっすぐに狼煙があがった。
与三は何をどうすることもできずに、ただ、その狼煙の先が上にあがるのを目で追っていた。
さらには、「ああっ!あれを!」と武藤や余語の家来が背後で声を出す。その声に振り返ると稲葉山城からも同じように狼煙があがる。稲葉山の狼煙は時々に途切れ、時々つなぐ。織田軍のあげた狼煙に呼応しての返事に違いない。しかし、与三にはもはやこの両者の狼煙が何を会話するものかはまったくもって分からない。和睦への返事なのか、会見の場所を伝えるものなのか、それとももっと別の伝達なのか、何も分からない。
ともかく、今からこの織田家の使者が加納から道を抜けて稲葉山城へ直行する事はないし、道三が稲葉山城において織田の使者と会見することも無いというのは判った。そうとは知らずに必死に息を殺して草むらに潜む三十騎の伏兵も憐れなものである。
「ああ…。」与三は、稲葉山城と木曽川から大空に長くたなびく狼煙に挟まれつつ、自分の矮小さに深いため息をついた。斎藤も織田もお互いの国内には敵だらけであり、お互いの重臣の中にもこの和睦に反対する勢力があるのだ。こんな状況で斎藤道三と織田信秀は半ば無理矢理に和睦を進めていこうというのだ。もはや、両者は身内の敵をも欺きつつ、この交渉を押し通していくつもりなのだろう。今までの合戦とその為に死んでいった者たちは、一体何だったのだろう。長井隼人が関城に戻って和睦への反対意見を行動に示したとて、斎藤道三からも織田信秀軍からも、まったく無視されて相手にされていないのだ。

 長井隼人は、織田信秀との対抗策として信秀と対立する織田大和守の勢力と裏でつながってきた。そしてそのことを道三は充分に知っており、今まで隼人にその関係を利用させておきながら、今度は隼人にそれを裏切らせるようなことになった。
…そう思うと、やっぱりちょっと隼人が可哀想になってきた。
 与三はフラリと踵を返した。武藤に「帰るぞ。」と言った。余語が「森どのは何しにここまで出てこられたのだ。」と、尋ねるが、与三は口もきかずに余語と別れた。

長井隼人はつらい立場になってしまった____。
与三自身もどうなってゆくのであろうか。塞いだ気持ちで稲葉山に戻る道の途中で、斎藤道三の兵がやってきて与三や武藤を取り囲んだ。



第十七話:「謀殺(二)」      第十九話:「信長に続く道」
 
 

Information

Date:2009/03/14
Comment:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。