FC2ブログ

小説『森一族』

戦国時代を彗星の如くに生きた森一族の小説です。 SINCE:2008/9/20

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

Information

Date:--/--/--

第二十三話:「累卵之危」

 そもそもは土岐頼芸の女であった深芳野が斎藤道三の元で生んだのが、斎藤義龍である。斎藤家はこの義龍を道三の嫡男とし、その下に、「小見の方」の生んだ孫四郎、喜平次、利尭を義龍の弟として系図を置く。
 深芳野が道三の元にきてからの産み月の早さから、義龍が実子でないことは前より噂ではあったが、道三自身が嫡男を義龍としている限り、与三にとっては、噂以上のものではなかった。しかし、次郎の話では、それは真実であるといい、周囲の知るところであるという。それを逆手にとって道三が義龍を嫡男としているが故に、土岐家の旧臣は道三に目をつぶって従っているのだという。
 長井隼人も長井伝九郎も、与三にはそのような話は一切してくれなかった。道三の近親者の元にいたので、かえって与三は斎藤家に分の悪い話は、今まで何も知らなかったのだ。
 
 長良川のほとりに、武藤と与三が座りこんでいる。斎藤家の者達との鍛練の合間である。
「しかし、道三と義龍との関係はあまりうまくいっていないという噂ではございませぬか…。しかも、道三は人目にみてもあからさまに次男坊の孫四郎を可愛がっているとか聴きましたぞ。」
武藤が心配そうに言う。
「さもあらん。次郎の言葉がまことならば、義龍という存在は、ただ道三が土岐氏の家臣らを自分の元につなぎとめるための形式上の嫡男ということになる。そこに謀略はあっても、父子の情愛があろうはずもない。やはり血のつながった実の子が愛しいと思うのが親の情というもの。」
与三は手にしていた小石を川に投げこんだ。波紋が大きく水面に広がってゆく。
「与三様。道三は、土岐氏の旧臣衆の勢力を完全に掌握できた暁には義龍を廃嫡なさるおつもりでしょうか。」
めずらしくも武藤が冴えている。きっと、そうであろう。道三は、今までそうやって利用するものは利用し、利用し尽くして不要になれば闇に葬り去って来た。不要になれば、義龍を追い詰めて切ることもできよう。
 与三は斎藤道三に憧れもしていた。並みの人間では到底及びもしない道三の豪胆さ、貪欲さ、狡猾さ。誰が立ちふさがろうとも物ともしない不動のさまは、まるで何か天から遣わされた者とすら誤解しそうなほどであった。この先も、道三は更なる高みを目指して望むものは何もかも手に入れてゆくのだろう。
 その道三のギラギラとした燃え立つような野心は、若い与三にとっては戦国乱世の希望の光のようにも見えていた。このような世であれば、彼のように人の弱さを越えた存在でなければ国を治めてゆくことはできないとすら思っていた。
しかし、あまりに明るい太陽は、周囲に暗い影を造り出す。
道三がその先に見すえているものを知る周囲の者は、この先に誰が消されてゆくのか見通せるようになる。
「しかし、そうなったら…終わりだな。」
与三は手元の草を根っこごと引き抜いて、川に投げたが川には届かなかった。武藤が与三の顔を覗きこむ。
「道三も、人として終わりということだ。」
与三は立ち上がった。

 その時、長井隼人はどうするであろうか____。
隼人は関城に入ったまま、あれ以来、稲葉山にはまったく顔を出さなくなった。
道三も、義龍も、隼人も、この先ずっとこのままの関係を保てるのだろうか。
それを考えると、与三に底知れぬ不安がつきまとい始めた。
「これは自分に無関係なものではないのだ。これからは、ひとつひとつの動きを深く探って決して見誤まるまい。ともかく、道三の娘を尾張に送り出せば、その後は何としてでも一度、隼人殿に会って話をしよう。」

 与三はその帰り際、人目を盗んで密かに長井隼人の稲葉山城下における屋敷に寄ってみた。関城に戻った隼人や伝九郎は不在でも、誰かが留守居役として屋敷に残っているかも知れない。屋敷に行けば屋敷番をしている男が番小屋から出てきた。
 彼は、与三の顔を見て驚くようにして「あれ。森どのもご一緒に関城に戻られていたのではないのですか。」と言った。
「いや。屋敷にはどなたがおいでか。話があるのだが。」
「…ああ、伝九郎様のことですな。」
屋敷番は、きつい表情をして、歯をくいしばった。
与三は首をかしげる。
「いや。…伝九郎殿がどうかしたのか。」
「一足遅うございましたな。伝九郎殿は既に、運び出されてしまわれました。」
「は…はこびだされるとは…何を申しておるのだ。伝九郎は、関城からこの屋敷に戻ってきていたのか。」
「森どのこそ何を申されます。伝九郎様は、ずっとこのお屋敷で病に伏せっていらっしゃいました。」
「話が見えぬ。確かに伝九郎殿は隼人殿とご一緒に関城に向かっていた。一体どういうことなのだ。」
与三は、屋敷番の訳がわからぬ物言いに、だんだん口調が強くなっていった。屋敷番も目をしばしばさせながら、ようやく与三が何も理解していないことに気づく。
「ご存じないのですか。」
「何を。」
「伝九郎殿はお亡くなりになりましたが…。」

 夢にも思わぬことを突然に聞かせられて、与三は一瞬呆けたが、その後すぐに驚きで全身の血が逆流しそうになった。
「なに?」
「もう昨夜のうちに棺桶に納められて運びだされました。」
与三はあらん限りに両眼を見開いた。伝九郎が突如として亡くなるはずもない。伝九郎は確かに隼人と出て行った。屋敷番は何か別の者と勘違いしているのではないだろうか。しかし、屋敷番は首をふる。
「いえ、伝九郎殿です。でも、まだ、周囲にはこの話は伏せておれとのこと。森どのはご存じかと思って話してしまいました。後生ですから、私から聞いたと人に言わないでください。」
「ありえぬ。屋敷には今、誰か他の者はおられぬのか。」
「残っていらっしゃったのは伝九郎殿の側近の方々ですが、昨夜のうちに伝九郎殿の棺桶と一緒に出払われて、戻ってこられませぬ。お話を伺いたいのなら、出直してくだされ。」
与三は、伝九郎の死が信じられない気持ちと、自分だけが真実を知らぬ気持ちで興奮が治まらない。
どうして誰も教えてくれなかったのだ___全身には怒りに似た震えがこみあげてきた。

「とにかく、森どの。今日は引き取ってくだされ。」
「信じられぬ。伝九郎が死ぬはずはない。」
屋敷番は、ゴミの山を指さした。
「今からあれを焼くのでございます。何せものすごい吐血だったようで。」
 与三がそのゴミの山に近づけば、血がべっとりとついた布きれや布団、着物がおびただしく積み重なり、蠅が飛び、異様な腐敗臭を放っていた。
あまりの臭いに与三の胃の奥から胃液がこみあげてきた。
その悪臭は、誰かの死を告げていた。
「____伝九郎、本当にお前なのか。」

与三は足取り重く長井家屋敷をあとにした。
強く唇を噛みすぎて、血がしたたっていた。




第二十二話:「うつろひ菊」    第二十四話:「和睦と合戦と」
 
 

Information

Date:2009/05/16
Comment:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。