FC2ブログ

小説『森一族』

戦国時代を彗星の如くに生きた森一族の小説です。 SINCE:2008/9/20

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

Information

Date:--/--/--

第二十五話:「雄蝶雌蝶」

  道三の娘が尾張に嫁ぐ日がやってきた。
出立前の稲葉山城は人でごった返している。その人ごみを縫って武藤が与三の元へ戻ってきた。
「次郎も小次郎もどこにもおりませぬ。書状を渡すことができませんでした。」
与三は馬をなでつつ歯をギリギリとくいしばった。苛立ちばかりが先立ち、与三を襲う。
「しっかりと捜したのか。」
「捜しましたとも。しかし用事なら今でなくても戻って来てからでよろしいではないですか。もうすぐ花嫁行列が出立するというのに。」
武藤がそう言えば、与三は「役立たず。」と、武藤を無視して馬に跨った。


 森与三らの護衛の列や調度品の列も含めれば、花嫁行列はすさまじい長蛇の列に出来あがった。
与三は馬上より稲葉山城をじっと見上げていた。

「行列を尾張に送り届けてここへ戻ってくれば、儂は次郎と小次郎を連れてすぐに長井隼人の元へ行こう…。亡くなった伝九郎の事もそれまでは考えまい。」
 

 出立の儀式が終わって、いよいよ花嫁行列は尾張を目指し始めた。与三は馬にまたがり、駕籠を護衛する。尾張と美濃の国境にある郷里の蓮台村でも、きっと今日は慌ただしくしていることであろう。蓮台城にある父上は斎藤家にも織田家にも抜け目なく祝賀の挨拶をするのだろう。

 花嫁を尾張に引き渡せば、道三は安心して美濃国内統一を目指して兵を動かし始めることになるだろう。
「その時は儂も長井隼人を手伝って多くの武功をあげたい。」
今は東美濃の勢力と対峙している隼人。隼人の器量ならばやがては東美濃も平定できるであろう。
しかし、儂の不在を不便に痛切に感じていて欲しい。この儂の帰りを今か今かと待っていて欲しい。

やがて隼人が東美濃を平定すれば、またその先には果てしない敵が広がっている。きっとそこにも自分の進むべき道も続いているはずだ。

 街道の沿道には、どこも花嫁行列を目にせんという人々でごった返していた。皆、羨望のまなざしで花嫁行列を見つめていた。

与三は、帰蝶の輿とともに木曽川を越えて尾張側に入った。
 そこで引き渡しをすることになり、そのまま帰蝶とともに織田信長の元に行く者たちを送り出し、また、尾張から美濃に入る織田信秀の娘を引き取ることで与三については折り返し稲葉山城に帰れるはずだったが、両家の家老達は寺にこもったまま、なぜか引き渡しの儀が始まりもしない。次第に待たされる者たちの間で「何かあったのではないか。」ということになり、情報が錯綜し始めた。

「家老どうしがもめているのでは。」「尾張が約束を違えるような真似をしたのでは。」
想像にすぎない勝手な皆の発言が、たちどころに噂と化して人の口から人の口へと広がってゆく。

与三は陣幕の外にいて指示を待っていた。
ピロロロロロローーー。
鳶の鳴く声が澄みきった大空に響き渡る。
「頼む、このまま無事に終わってくれよ…。」

与三は馬上より降りて水を飲みながら周囲を見回していると、余語の姿はまだ馬上にあった。
「あの野郎…クソ真面目に。」
そう思っていたが、余語は硬直して何かを見つめたまま動けなくなっていただけだった。その視線の先を見れば、駕籠の横で床几に腰かけて休む英の頭が垣間見えた。
「なんだ、あいつ、どうもあの女が気になっているようだな。」と、思った瞬間、人ゴミが切れて現われた英はまるでカラスのごとくに黒い着物に身を包んでおり、与三は驚いて咳こんでしまった。
「あいつ、自分とて尾張の誰ぞに嫁ぐ晴れの日であろうに…。林新右衛門はただでさえ暗い娘にあんなものを着せておるのか。」
与三がゲホゲホと咳きこみながらも叫んでいるところへ、周囲の兵が情報収集のためかワラワラと集まってきた。
「なんだか、姫を織田家に渡すの渡さないのという話になってるようですが大丈夫なのでしょうか。」
「はぁ?!今になってもめているのか。」
「今から、このまま織田との合戦になるかも知れない…。敵がすでに戦の準備を整えていたらどうなりましょうか。」
「何だそれは。滅多なことを言うものではない。」
 与三はいつも自分が情報の中心にありたい。ただでさえ下知を待つほうの身になるのが嫌な性質だ。そんな自分が今の状況の確信に迫れないことに次第にいらつき始めたが、先に堪忍袋の緒が切れたのはこの花嫁行列の主役の帰蝶のようであった。引きとめる侍女達や側近を引きずるようにして家屋より出てきて皆を仰天させた。帰蝶が歩けば人ごみもザァッと割れて道を開けてゆく。帰蝶は木曽川の方へと歩いて行った。与三はこの姫が何をするつもりか判らなかったが、護衛として彼女の傍を離れずつき従った。

 帰蝶は物も言わずに、大樹の木蔭に入って、ずっとそこから木曽川の景色を見つめていた。自分の気持ちを落ち着けようと努める深い静かな呼吸が、重々しい着物の上からも見てとれた。
「姫様、中へお戻りください。」と、側近が帰蝶に寄って行った。
「話は進んだのか。」と尋ねる帰蝶の大きな声が与三の耳にまで届いた。
「いえ。」
その側近の答えに帰蝶は卑屈そうな笑みを浮かべて「私のせいか。」と漏らした。
「何をおっしゃいますか。」と周囲が否定すれば、帰蝶は皆から顔を背けた。その時に不意に与三と眼が合ってしまったが、帰蝶は視線を反らしてまた川を見た。チラリと垣間見た心中の不安を怒りに変えようとする彼女の一瞬の表情が与三にはなんともいえなかった。
「涼んでじきに戻る。」帰蝶はそう言ったまま、動かなかった。
 与三は何故に帰蝶が「私のせいか。」と言ったのだろうかと不思議に思ったが、それ以上の事は考えなかった。ただ、大樹の木漏れ日の中で美しい影を作る帰蝶の姿を背後で見守っていた。やがて取り巻きの女達が小走りにやってきて帰蝶のご機嫌を伺おうとしたが、帰蝶は近寄らせる雰囲気を持たなかった。英に関しては、この場には姿を見せなかった。
 しばらくして、また側近が帰蝶の元へ歩み寄り、段取りが整って引き渡しの儀が行われることが告げられた。帰蝶はホッとしたような少女らしい顔をする。
「どうしてこれほどまでに遅れたのだ。」
「申し訳ございませぬ。」
侍女は横合いから「お化粧を直しませぬと。」と頭を帰蝶に突き出した。
そうして帰蝶は、永遠に去ることになるかもしれない川向うの美濃の風景に背を向けて家屋に戻って行った。

 斎藤家と織田家との顔合わせも終わり、帰蝶とともに那古野城に入って織田信長に仕えることになる林新右衛門も、与三や余語盛種と別れの挨拶を交わした。今から始まる新たな人生への緊張感か新右衛門は必要以上に額に汗をかいてベットリとしていた。
「どうも世話になり申した。これからまた美濃で合戦三昧となるでしょうが、ご武運をお祈りしておりますぞ。またいつかお会いしたいものです。」
「林殿も達者でな。美濃に参られることがあれば、ぜひ話をいたしましょうぞ。」
「それはそうと…林殿…。」
余語がそう話しかけると、与三は肩肘で余語の背中をついたので、余語は話を中断させた。
新右衛門と別れてから余語が与三を睨みつける。与三は苦笑いして余語に答えた。
「あの女のことは他人の余語どのが口出しするものではないだろう。旦那になる男がキレイな着物を与えてやるさ。」
「誰も英どのの話などせぬわ…。何を勘違いしておる。」
余語が怒りだすと、与三はフンと鼻を鳴らして余語を置いて先に進んだ。「待たぬか」という声が背後より響く。

 美濃の斎藤道三と尾張の織田信秀の和睦により、今までずっと緊張状態にあった国境沿いは蓮台村も含めて見違えるほど雰囲気が変わり、今までのお互いの矛先が別の敵に向かった。そして国境沿いのいくつかの城や砦はその役目を終えて破却された。
 美濃の斎藤道三との和睦に成功した織田信秀は、それまでの古渡城を廃して、それより東に末盛城を築いて居城を移し、三河の今川氏との戦いに備えた。
天文十七年のことである。



第二十四話:「和睦と合戦と」    第二十六話:「借景烏峰城」
 
 

Information

Date:2009/06/14
Comment:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。