小説『森一族』

戦国時代を彗星の如くに生きた森一族の小説です。 SINCE:2008/9/20

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

Information

Date:--/--/--

第三十四話:「予兆(一)」

 
 いくら長井隼人が毒に倒れた事を斎藤義龍や自分の家臣に口止めしようが、それはたちまち稲葉山じゅうの人の口の端に登った。本当に稲葉山じゅうに噂が広がったのだ。
 そして誰も口にまで出さぬがその噂には十分「斎藤道三の仕業では。」という前提が含まれていた。
 今の今まで「独断専行の斎藤道三に遠慮なしに何でも言えるのは家中で唯一”長井隼人様”だけ。」であったが、
「もはや隼人様の善言すら耳に入れることができなくなったとは。」
「まさか自分の弟の食事にまで毒を盛るとは…。」と人々は肝を冷やした。
その噂に「どうやら義龍様の食事にも毒が盛られたのだ。義龍様はそれを知って食事にお手をつけなかったらしい。」という話が加わるのには時間はかからなかった。

 隼人は体調が回復してからは自分の屋敷に帰って行ったが、義龍は毎日見舞いにやって来て、あれこれと隼人の話し相手になって一日を過ごす事も少なくなかった。
 そのうちにその事実を聞きつけて、思い切って隼人に見舞いに行く者もチラホラ出てきた。それでも隼人は笑顔で言い張った。
「どうも日々の無理がたたって身体を壊したようで…しかし、私がこれほど心配されていようとは、何と有り難いことだろう。」
 誰かが隼人の見舞いに行ったと聞けば、他の誰かが大慌てで隼人の見舞いにかけつける。
 隼人と義龍の親密度が増してゆき、稲葉山家中の重臣達が(恐らく道三には黙って)長井屋敷を訪問する機会が増すにつれ、だんだんと長井隼人の左右はそういった人々で固められ、森与三も隼人に呼ばれる機会が減り、日々やってくる稲葉山の情報も与三の中では滞ってきたのだった。

 与三は蚊帳の外___。そう言うにふさわしい状態になってきた。

 与三は内心イライラしつつ武藤と長井屋敷の厩舎で将棋を指していた。厩舎とは馬をつなぐだけの場所ではなく、ここに皆が寄りあってきて、馬の前の台で将棋を指したり、碁を打ったり話をして遊ぶ。、
「おわ!また与三様に雪隠攻めにされてしもうた!!!」
「五郎…もう、おしまいにしよう。お前が弱いから儂はまったく面白うない。」
「次は『飛車』も『角行』も外していただければ。」
「それでも儂が勝つからもう嫌だ。」
奥で将棋を指している別の者が手を挙げる。
「森どの、次は儂とやろう。そこそこ強いからの。」
「おう。」
与三は武藤を置いたまま席を立って彼らの対局を見に行った。
心の中では思っていた。

「儂はこんなところで何をしているのだろうか__。」と。

将棋を指しつつ、誰かがあけっぴろげに話し始めた。
「そう言えば、皆が隼人様は毒を盛られたと申しておるが、本当なのか。森どのはあの時ご一緒だったのだろう。」
厩舎にいた者たちは青ざめるも半分、将棋どころではなく手を止めて顔をあげた。与三がどんな答えを返すのか待っている。
「いや。確かに一緒にいたが、医師も東美濃に詰めた時の疲れだろうとの見立てだった。」
「いやいや信じぬぞ。それは嘘なのだろ。本当の所はどうなのだ。」
「儂はそういう事には詳しくない。憶測で物を言うて間違っていたら困る。」
与三は厩舎の窓から隼人の屋敷を眺める。自分の足元では、皆がささめき合う。
「しかし、こう毎日見舞いが来て誰かが入り浸っておれば、逆にお屋形様の不信を買うのではないか…。」
「有りうるなぁ。」
「しかし、おかしいよな。隼人どのは昔からお屋形様のことを決して”兄上”とは申されぬ…。」
「それは、また別の話であろうに。」

 その厩舎へ、長丁がやってきて、隼人の馬を出して鞍をつけ始めた。皆がそれを見る。
「隼人殿がお出かけなのか。」
「はい。お屋形様のお呼び出しとのことで急いでおりますれば…。」
馬丁は急いで準備している。
「え…。お屋形様に呼び出された。」
皆がその事に驚き立ちあがって、厩舎から出た。
屋敷の玄関口には、既に隼人が出かける支度をして姿が見えた。

厩舎にいた皆がせっつく。
「お屋形様に毒を盛られたと皆が言っておるのに、稲葉山にお出かけあそばされるのはおやめになった方がいい。森殿、お止めなされ。」
「儂?」
 与三は隼人の所へ歩いて行った。隼人は玄関先に腰をかけて草履を履かせてもらっている。玄関口から与三の影が差した。
「与三。そなたは留守をしていてよいぞ。」
隼人は笑って言う。
「しかし。」
「私がずっと寝ついていたせいで変な噂が立っておる。お屋形様の呼び出しはそのことであろう。中には私がお屋形様と仲違いしたと思って味方につくと見舞いの席で言った者までいる。このままにしておく訳にはいかん。私が動かねば、斎藤家をまとめることができぬ。」
馬の用意ができた事を知ると、隼人は立ちあがって玄関を出た。
厩舎にいた者も皆、心配して隼人に寄って取り囲む。お出かけなさいますな、と言って首を振る。
「皆の心配は有り難いが、何一つ心配することはない。身体の調子も良くなったし、何よりお屋形様のことで変な噂が立つのが耐えられぬのだ。私や義龍殿がお屋形様と仲の良い所を見せれば、皆が安心するであろう。」
「せめて森どのをお連れ下され。」
誰かが与三の背後でそれを言うと、隼人は笑った。
「義龍も立ち会ってくれる。心配いらぬ。」
「え…義龍どのが…。」
それはますますお止めになったほうがよい__。と、皆、咽元まで言葉が出かけていたが、そこはグッと飲みこんだ。
「この機にすべてのわだかまりを捨て、話し合うべきなのだ。」
 隼人は馬に跨って、道三の屋敷に向かって行った。供には別の者がついてゆく。
与三は隼人の後姿を見送りながら、なぜか自分だけ取り残された気持ちがぬぐえなかった。しかし、本当に行かせてよかったのだろうか。大丈夫なのだろうか。

 与三だけではなく皆はもうどうしようもないほどに隼人を心配する。
「何としてでもお止めすべきだったのに、どうして止めなかったのじゃ。」
「森殿、殿に何かあったらそなたのせいだ。」
与三は、自分だけ思いもよらぬ叱責を受けて眉根を寄せた。
「そなた達だって止められなかったではないか。」
皆は輪になって顔を見合わせる。
「なぁ、まさかの時の為に、我らで合戦の用意をすべきではないのか。」
「合戦、この人数でか。」
与三は大きく首を左右に振った。
「おい、皆、隼人殿が今までどれだけの合戦をかいくぐって来たと思っておられるのだ。勝算無しには動かれぬわ。」
皆がシーンとする。
「勝算?なんだそれは。」
「森殿、実は何か裏があるのか。」
与三は再度、首を振る。
「知らぬ。知らぬわ。しかし、隼人殿が大丈夫とおっしゃったのだから、大丈夫なのだ。儂らが噂に惑わされてどうする。儂も含めて、まずは皆、落ち着こう。」
与三は厩舎に戻ってゆく。
「五郎行くぞ、将棋の相手をしろ。」

 しばらくすると、その日のうちに今度は蓮台村から近松新五右衛門が与三を尋ねてやってきた。与三と武藤が厩舎に籠って膝を抱えていた所を「お客人ですぞ。」と呼びだされた。二人が出て行くと、近松は実に暗い顔をしていた。


第三十三話:「鴆毒(三)」    第三十五話:「予兆(二)」
 
 

Information

Date:2009/10/04
Comment:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。