FC2ブログ

小説『森一族』

戦国時代を彗星の如くに生きた森一族の小説です。 SINCE:2008/9/20

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

Information

Date:--/--/--

第四十五話:「三左衛門(一)」



天文二十年春。
 織田信秀は相変わらず床から起きることもできなかった。
正月というのに「この冬が越せるかどうか。」という話がささやかれた。
元旦は尾張にも雪が積もり那古野城と城下町をうっすらと白く染めたが、それにも関わらず雪の細い街道を縫って織田一門や周辺の有力者たちが信長の父・末盛城を多く訪れ、新春の挨拶がてら信秀の病状伺いを試みた。
訪問の使者は城外にまで列をなし、平手秀政と信長も末盛城に入り、信長が信秀の代理として慌ただしく応対していた。
美濃の斎藤家からも正式に新年祝賀の使者が訪問し、信長と帰蝶は夫婦ともども歓迎した。
 
 どさくさに紛れて、森与三の蓮台村からも織田家へご挨拶の使者が訪れていた。その使者・近松新五右衛門が帰り道に与三のいる那古野城を訪問した。那古野城の留守居役に新年の寿ぎをし、この城で森一族の者が世話になっていることを告げて与三に面会も許された近松だが、しょっぱなからひどく立腹していた。
「何をお考えなのですか。去年はまったく村に帰らずじまいではないですか。少しは大殿のお気持ちをお考えなされ。」
「どうせ儂は身を立てる事もできずじまいでいる。このまま村には帰れぬ。」
「ああ、もう、意地を張らずに一度くらいは村に戻って皆に顔を見せてくだされ。村の若い者の中には若殿のお顔を見たこともないという者も多くなり申した。」
森可成は新五右衛門の言葉にカチンときた。蓮台村に帰らぬのは、意地を張っている訳ではない。
「では、何なのですか。」と、新五右衛門はにらみ返した。
「まさか、まだお立様のことを傷心なされているなどと申されますまいな。」
と、にらみ返した途中で「あ。そうだ。」と言って懐から文を出してきた。恋しいお立からのものかと可成は文に無意識に手を伸ばしたが、
「これは稲葉山にいる武藤から預かりました。あいつ、かなり丸々と太っておりました。」
と言いながら渡されて、一気に興ざめした。
「稲葉山へもそなたが挨拶にあがったのか。」
「はい。拙者は一宮の関殿と示し合わせて一緒に稲葉山に参りましたが、どうやら我ら以外にもかなりの者が斎藤にも織田にも両者に挨拶に行っております。斎藤家も中でこじれておかしなことになっておりますし、織田家は織田家で信秀殿が病に倒れていつとも判らぬ命ですし…何が起こっても仕方が無い状況、これではまた埋めていた水堀を近いうちに掘り起こさねばと皆ささやいております。」
与三は「ちょっと待て、斎藤家がおかしな状況とな。」と、眼色を変えた。
「詳しくは、武藤の文に書いてありますゆえご覧くだされ。ここは人の眼もございますゆえ、私はこれで。」
と、近松が去ろうとした。与三が束の間、引きとめる。
「待て、新五。儂は信長殿よりこのたび『三左衛門』を頂戴して三左衛門可成を名乗る事となったのだ…。」
近松は「え…。」とつぶやき、次の瞬間には「その下のお名前はどなたから頂戴なさったのですか。」と眉根をゆがめた。
「名付け親はおらぬ。自分でそう名乗ることにした。」
近松の顔色が変わった。横に首をふった。
「おめでとうございます。しかし、私は何も知らぬ事にいたしまするゆえ、一度は村にお戻りください。大殿とて本当は心待ちになさっておられるのです。そのような立派なお名前があるなら、胸を張ってお戻りになれるではないですか。」

 近松が那古野城を出た後、与三は両肩を落として大きくため息をついた。
再び ため息をついて縁側より庭へ下り、武藤の文を開いた。道三預かりの身になっている武藤。
今の美濃の情勢をどう伝えておるのか。武藤の文は
『このことはとても文字にはできませぬゆえ、詳しくは近松からお聞きいただくように。』
との内容であった。
与三は次の瞬間には怒りで文を破いていた。そして腰を上げて身体をよじり縁側に登ろうとすると、目にせぬ小姓が音もなく存在して縁側に腰かけていた。ギクリ、として与三は手の中の破った文をさらにギュッと手の奥に握りこんだ。

 小姓は髻に梅の花でも差してニコニコとしている。そして座った姿勢のままちょっと身を乗り出してきた。
「上様が”サンザ殿”を呼んで参れと申したが、”サンザ殿”とは貴殿のことであろうか。」
「え…。」
与三は、自分のことではないぞ、と首をかしげたが、しばらくして
「サンザ…三左衛門か。儂のことかも知れぬな。」

縁側を登るそばで、小姓はホッとしたような顔をして無邪気な笑いを浮かべた。
「よかった。」
寒い冬の廊下をめぐって「サンザ」を探していたのか、頬が赤らんでいた。
「信長殿はもう末盛城からお戻りなのか。」
「はい。また明日おでかけのようですよ。」
与三が手の中の紙を懐にしまって廊下を歩きはじめると、犬千代もピョンと立ち上がり、並ぶように歩いてきた。
「拙者は、荒子村の前田犬千代と申しまする。今日より上様にお仕えすることになりました。どうぞよしなに。」
「そうか、儂は森三左衛門だ。」
「美濃からお越しの方ですよね。斎藤家のご家来と伺っておりまする。」
「ああ、しかし、里は尾張の蓮台村だ。」
「蓮台村、存じあげております。一度、使いで尋ねたことがあります。」
犬千代という小姓は、さも嬉しげな表情をして、可成の真横にぴったりとくっついてきた。
 この笑顔で与三は急にかつて美濃で親しんだ長井伝九郎のことを思い出した。いや、長井伝九郎は同じ年頃でも、いつも笑顔に陰りがあった。寂しさや悲しみを含んだ笑顔であった。地獄の中にあって与三に一筋の光明を見出したかのように、必死に与三に取りすがっていた。あの伝九郎が亡くなり、それでも日々は刻々とそして淡々と過ぎてゆく。まるで、そもそも長井伝九郎など初めからこの世にいなかったかのように___。

 廊下を渡り歩く間も、犬千代なる小姓は息を継ぐこともないように可成に話しかけてきた。遊びがしたくてじゃれてくる子犬そのものであった。
『ああ…誰にでも大事に大事にされて育って人の愛情を疑わぬヤツなのだろう。人も自分の話を聴きたいに違いないと思いこんでいて、このように話しかけてくるのだろう。』
初対面にして与三は犬千代をそう判断した。
自分が誰からも愛されていると信じこんでいるヤツは…実は苦手な相手だ。自分がそういう育ち方をしなかったからかも知れない。
「そうか。」「ほう。」と、適当に言葉を誤魔化しつつ、与三は信長のいる大広間に足を運んだ。

「ああ、そちらではございませぬぞ森殿。上様は森殿とだけお話したいと奥の部屋でお待ちです。」
「え…。」
与三は、そのつもりではないので内心焦ったが、促されるまま奥にそのまま小さな部屋にあがって行った。
「森殿をお呼びしました。」
与三が部屋の向こうで頭を下げ、犬千代が部屋の襖を開けると奥では信長は礼服を脱ぎ捨て冬の寒い日であるにもかかわらず、袖から風の吹き抜ける薄い湯帷子に着替えている最中であった。犬千代がサッと部屋に入って着付けを手伝う。しかし、ヒョウタンや巾着を巻きつけてある荒縄をどうしていいのかわからずに手にしたままとまどっていると、信長がすかさずそれをとりあげてギュッと腰に締めた。
「…それで、寒くはござらぬのか。」与三は思わず尋ねた。
「冬でもこうして鍛練をしておるのだ。」信長は自慢げに言った。
「こちらは見ているだけでお寒いですな。」
「そうか、儂自身はまるで寒くない!」
「…寒くないなら鍛練にはなりませぬな。正月には外からの出入りも多い時、きちんとした衣装を身につけられたほうがよいかと。」
そのやり取りに、背後から犬千代がちぎれるような笑い声をあげた。信長がキッとにらむと、犬千代はハッとしたように笑いを止めて、姿勢を正した。
与三も姿勢を正し、信長に向かって頭を下げた。
「お名前を頂戴しておきながら、正月の慌ただしさにお礼のご挨拶も遅れて、誠に失礼いたしました。」
与三は頭を下げたままでいた。信長がウンともスンとも言わないので、頭をあげるきっかけが見つからない。
それでもあまりに時間が経ちすぎると、このまま切られでもするのではと思い始めて、床についた両手に力を入れ、首を回して少々頭をあげてみた。
すると、驚くほど眼前に信長がしゃがみこんでいた。事実、信長の息が与三の頭の上にかかってくる。そして、どちらかといえば、与三の顔の前には信長の股間があった。
ギョッとする与三に信長はニヤリとする。
「夜はかがり火を焚いて能楽をやる。お前も見るか。」




第四十四話:「三間半(三)」    第四十六話『三左衛門(二)』:
 
 

Information

Date:2011/02/05
Comment:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。