小説『森一族』

戦国時代を彗星の如くに生きた森一族の小説です。 SINCE:2008/9/20

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

Information

Date:--/--/--

第四十八話:「焼香(一)」

 美濃衆が事の異変に気づいたのは、その日のうちの夕刻頃であった。
織田信秀が危篤状態に陥り、信長が父の元へ駆けつけてよりどのくらい経ってからだろうか。帰蝶は信長の正室でありながらこの大事を那古野城内の誰にも告げられずに放り置かれた事を心底不満に感じ憤り、かつ、もしも信秀が死に至った場合にこの国と実家の美濃にどの様に変化するのかを案じ、それを実家の父宛の書面に認めんと筆を手にしていた。
「誰ぞにこの事態を訪ねたい。平手がおらぬのなら、別の者をこの部屋に連れて参れ。この大事を私に告げないとは、なんと言う手落ちか。」
美濃衆は帰蝶の部屋に一同で集まって円座になっていた。この城内の者が帰蝶に申し開きに来るより早く、密かに末盛の城の様子を見に行った美濃からの雇われ者が帰蝶に報告に戻ってきた。
それを森可成も林新右衛門も、或いは帰蝶のお側に仕える英など侍女も混じって皆で耳にした。部屋の中は緊張による重い空気がただよい、それが、帰蝶をいっそうピリピリさせた。

「確かなようでございます。信秀殿いよいよご重篤のよし。信長殿の命で数多くの坊主と医師が末盛の城に入り、護摩壇を築き熱心に加持祈祷をなしてその快復を願っておる様子は、もはや普通ではございません。まだ、わが手の者を末盛に残しておりますれば、引き続きご進言べき事ができれば使いもありましょう。」

おお、と、皆が声を漏らした。

信秀が死ぬー。美濃を苦しめた尾張の虎が死ぬ。
いよいよ来るべき時が来るべくして来るのだ。

可成の脳裏に、長井隼人の顔が浮かんだ。
和睦してなお、織田信秀は長井隼人が危惧し、倒したくて殺したくてたまらなかった男だ。信秀さえ亡くなれば、愚息の信長などはひとひねりと思っているだろう。
そしてその為に、可成はこの那古野に来たのだ。
もう、何度、可成は信秀が死ぬ日を思い生活してきたことだろう。ついにそれが現実のものとしてやってくる。織田家という敵中にあって、自分の力が試される時である。それを知ればこそ、精神の昂ぶりが大いなる波のようにうなって身体の中を駆け抜ける。

自分に三左衛門の名を与えてくれた人、信長との、束の間の甘い時間も終息を迎えようとしていた。

 それより五日経ち、まだ、桜の開花を遠くして、織田信秀は病に負けて散った。
猛虎のような勢いを誇り、猛々しく斎藤と今川と刀を交え続けたこの人物はまだ尾張すら統一することなく、旅立った。
若く無防備に等しい息子・信長を、謀略と打算の世界に残して。
 一瞬にして那古野城の警備が固くなった。美濃からの慰問の使者が那古野城に入ろうとし、それを出迎えようと支度した可成らも、外出を差し止められた。
その事で可成と信長のおそば衆が廊下で言い争ううちに、前田犬千代が飛び出てきた。
「平手殿の厳命でございますれば、城の外にお出になること罷りなりません。」
「出迎えさせずに御台所(帰蝶)に恥をかかす気か。」
「それはこちらで致すとのこと。すでに平手様のご命令で手の者が各所の道の入口と砦に至るまでを厳重に固めておりますれば、美濃のご使者にも自然と道案内にもなりましょう。
犬千代が可成に向かって言い争ううちに、二人の背中から廊下に至るまで次々と細い線がさしかかった。可成が犬千代とともにギョツとして表を降り仰ぐに、数百という長い長い三間半の槍が城壁の向こうにぎっしりと立ち並んで可成らの身体にまで、細長い影を描いている。まるで城内が檻と化したかのようである。
不気味すぎて、可成も呆気に取られた。

織田信秀の死。
信長もまた、それが血で血を洗う長い戦の始まりになることを理解していたのだ。


第四十六話:「三左衛門(三)」    第四十八話:『焼香(二)』
 
 

Information

Date:2011/10/09
Comment:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。