小説『森一族』

戦国時代を彗星の如くに生きた森一族の小説です。 SINCE:2008/9/20

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

工事中です。

 
せっかくご訪問くださいましたが、申し訳ございません。
『第三部 森長可編』は、第一部の連載が終了してからの公開になります。長い道のりとなりそうです。

工事中です。

 
せっかくご訪問くださいましたが、申し訳ございません。
『第四部 森忠政編』は、第三部の連載が終了してからの公開になります。ここまでの長編にできるのだろうかと、自分でも疑問に感じます。

第一話:「与三」

 森可成は若い頃には「与三」と名乗り、浪人分として美濃の斎藤道三の弟である長井隼人道利のもとに転がりこんでいた。

 与三は頭の回転が早くて勝機に対する嗅覚に勝れ、合戦につけても情勢につけても全体を把握して適確な判断ができた。実際に与三が予測した通りの事態になって長井隼人や周囲の者たちを驚かせたことが事が何度あったであろうか。
 その度に、与三は己の知恵が人に優っていることを確信し、この事を斎藤道三にもよく理解してもらうべきだと思った。ゆえに、浪人という身の上であっても、その叡智に満ちあふれた発言を人々の面前で遠慮することは無かった。
 
 しかし与三の正しさを見せつければ見せつけるほど道三の左右にいる家老たちは与三を憎みはじめ、「浪人ふぜいで大口を叩く生意気な奴だ。」と、事あるごとに悪口して、与三を制止するようになった。それに臆して発言を遠慮する与三ではなかったが、あの小うるさき者たちが家老である限り、彼が斎藤家では頭角を現せないのが明らかだ。




 与三は夜ごとゴロリと横になっては天井を見上げたまま、ここは自分のいるべき場所であろうかと自問自答を繰り返していた。
「私が常に何かにいらだちを感じ、どこにいても自分の居場所では無いと感じるのは、ただ自分に我慢が足りないせいであろうか…。」
 戦国の世に乗じた強者たちは、周りをどんどん食い尽くして大きく膨らんでゆく。それなのに、与三は二十を軽く過ぎてもまだひとかどの将にもなりきれていない。何者にもなれていない。
しかし、何をどんなに思いつめてみても、与三の帰る先は、父が陣取る小さな蓮台城があるのみ。
ひとつの小さな足がかりもつかめない己の現実を思うと涙がこみあげてくる。

 それでもなぜだろう、目を閉じれば、与三は大将格の名馬にまたがり、多くの兵を率いて戦場を駆けめぐる己の姿がはっきりと思い浮かぶ。青々とした天には、純白の森家の鶴丸紋の軍旗が翻る。大将の居所を示す大きな馬印が自分のために高々と掲げられ、その場所こそが戦場の中核、戦の大本陣であることを示し、与三は豪奢な具足を身にまとって采配をふるい、合戦そのものを自らの意志で動かしている。
天下を左右する合戦に違いない。
__________これは、自分の未来に関わる予感ではないのだろうか。
それとも、清和源氏の血がもたらす先祖の英霊たちの記憶が与三の心に映し出されているに過ぎないのであろうか。これがただの妄想であるならば、天に浮かぶ月が欲しいと必死に手を伸ばすような、何と悲しい夢であろうか。


 同じ部屋の足元には、故郷より伴ってきた五人に満たない家来達が、衝立(ついたて)を隔ててぐっすりと眠る。与三は戸板と障子を少し開け放って部屋に月の光を入れ、家来たちの寝息を聞きながら物思いに耽っていたが、突然、表から戸板に誰かの手が伸びてきて戸板を開けた。障子越しに見知った男の影が広がる。影の主は長井伝九郎だ。うち沈んでいた与三だったが、その影を見ると心の奥から嬉しさがこみあげてきた。
 伝九郎が障子を軽やかに開けると月明かりとともに、十代ならではの育ち盛りの細い姿を晒した。伝九郎は口角をあげてエクボを見せつつ部屋にトン、と上ってきた。伝九郎とは、長井隼人の甥で今年、十六歳になる。与三よりは随分と年下だが、とりわけ仲がよかった。
「さてはさては、この一大事に何をふて寝しておるのやら。」
伝九郎が言い終わるが早いか、与三は反射的に起きあがった。
「何が起きたのだ。」
「あははっ!また尾張のうつけが城下に忍びこんで火をかけた。」
「合戦か!!!」
両眼を見開いて興奮する与三を見て破顔一笑、伝九郎は他人事のようにおかしげに笑い飛ばす。
二人の声に与三の家来たちも目を覚まして起きだした。
合戦ほど与三の心を弾ませるものはない。この心にかかったモヤも戦場で晴らせばよい。戦場での明確な手柄は誰にも否定できないものである。そしてきっとこの合戦が自分を高い所に押し上げてくれる。与三は伝九郎そっちのけで起きあがって障子を開け放ち、縁側へ出ていった。とたんにこぼれるような月明かりが若々しい与三の姿を照らし出す。
 開け放った外に見える城下はまるで静かである。
合戦など起こっていない。城下の小さな騒ぎで始終したようだ。
与三は再び、心を曇らせて、たちどころに暗い表情に戻った。
「いつものこと。早々と逃げて行ったわ。」
伝九郎はカラカラと笑いながら、どっかと腰を下ろして与三を見た。家来たちも座ったままポカンと与三を見上げている。

 伝九郎のいう”尾張のうつけ”とは、尾張の織田信秀の嫡男・織田信長の事である。
若い少年であるが、ちょくちょく美濃国までやって来て城下に侵入しては、本当に些細な嫌がらせを繰り返した。
「信長とは、まるで小蝿のようだの。大した事もせず、追い払っても追い払ってもまたやって来る。」
伝九郎のこの言葉に、与三の鍛え上げた腕の筋肉がピクリと反応した。外へ向けていた顔をゆっくりと伝九郎に向ける。
「たとえ小うるさい蝿でも、相手は尾張の織田家の嫡男だ。どうにか、我が手であれを討ち取れないものか。」
そうすれば、皆、与三の素晴らしさを認めざるを得ないだろう。与三は、立ちあがったまま唇を噛み、拳をギュッと握りこんだ。
「信長を討ち取ってやる。」
与三はやると言えば、やる男だ。きっと次に織田信長がいたずら心にも美濃に入ってくれば、与三は信長を待ち構え、計略を以てその首をからめ取るだろう。そうだ、それしかない。
伝九郎は膝を立てて座ったまま、にやにやと笑い
「わしも人を驚かせる手柄を立てたいものよのう……。」とつぶやいた。
与三がハッと我に却って、伝九郎に言った。
「そなたが手柄を立てられぬはずかなかろう。」

【第一部 森可成編】登場人物

【森家】
森可成(与三):第一部の主人公。尾張・蓮台村出身。美濃の斎藤道三に仕え、道三の弟の長井隼人のもとで浪人分としている。
森可行:森可成の父。蓮台城城主。
武藤兼友:森可成の家来。五郎右衛門。



【美濃国斉藤家】
斎藤道三:美濃守護代斉藤家の名跡を奪ってのしあがってきた。
長井隼人:美濃の斎藤道三の弟。可成(与三)の直接の上司。
長井伝九郎:長井隼人の甥。与三とは大の仲良し。(隼人の甥の名が未詳のため、管理人が勝手に”伝九郎”と命名してしまいました。)
余語盛種:もと斎藤家の家臣。信長に乞われて信長の家臣となる。
帰蝶(濃姫):斎藤道三の娘。
林新右衛門常照:斎藤道三の家臣。
:林新右衛門の娘。
西村次郎・小次郎:長井隼人の小姓兄弟。オリジナルキャラです。)


【尾張国織田家】
織田信長:織田弾正忠家・織田信秀の嫡男。幼い時よりすでに那古野城主。
織田信秀:信長の父。織田弾正忠家の当主。名目上は尾張守護代下の三奉行の一人だが勢力のある家柄。

第二話:「手柄首」

   
 天文十六(1547)年秋のこと。
 尾張の織田信秀が美濃侵略の戦支度を整えているという情報がもたらされた。織田信秀とはあの信長の父親である。かつて斎藤道三が美濃から追放した守護大名の土岐氏は尾張へ逃れて信秀を頼ったために、この男は道三を退治する道理も大義名分も手に入れていた。

 戦上手で恐れられる「尾張の虎」。織田信秀が美濃を狙っている__。
この度の儀は若い信長のイタズラとは訳が違う。岐阜城は一瞬にして緊張に包まれ、すぐに道三の元で軍議が開かれた。
 与三が長井隼人に従って道三の元に行くと、そのまわりには家老たちが貼りついて、既にあれやこれやと、口角泡を散らしあっている。日ごろ、与三を良く思わないヤツラが、道三をぐるりと囲んでいる。与三は心の中で舌打ちした。醜い奴らだ___。戸を閉鎖した評定のうす暗い部屋においては、家老たちの陰鬱な顔がことさら醜く浮きあがってみえる。
 さて、その連中が隼人の後ろに与三の姿を認めると、案の定、いかにも不服そうな顔をした。しかし、森与三の聡明さを好ましく思っていた道三の表情は違っており、「与三、与三もこちらへきて話をせよ。」と右腕をあげて大きく手招きする。
 しかし、ここでどんな妙案を道三に献じても、家老たちがそれを愚弄して与三に恥をかかすように仕向けるのは火を見るより明らかだ。与三は、目線を背けた。
「明日出仕いたしますゆえ。」と頭を下げて、軍議の場を去った。隼人も口をポカンと開けたまま、与三が立ち去るのを引きとめもせずに見送った。
「無礼者!」「なんという奴だ。」という声が背後から響いた。

 城内では兵の支度が始まる。つられて城下も気ぜわしい。与三は表で待っていた自分の鑓持ちと馬の口取りの姿を認めると、背中を押して、「さぁ、今から戦に出るぞ。」と言ってひらりと馬にまたがった。
「ああ、若様、隼人さまの兵はいずこに?」
「兵などあるものか。儂だけで先に織田軍を迎え討って、皆の鼻を明かすのよ。」
そう答える与三に対して、鑓持ちは何度も同じ質問を聞き返してきたが、与三も鑓持ちに何度も同じ答えを告げた。
「ひぃいい!」
与三の意志を知ると鑓持ちは完全にビビりあがっていたが、半ベソになりながらも必死に夜道を走り、与三の後をついて来た。
「ははは!心配するな!大軍を相手する訳ではない。織田信秀は明け方にもなれば、こちらの様子を伺いに合戦前の斥候を出してくるだろう。そこへ出てくるほんの数騎を討つだけのこと。皆の度肝を抜いてやる!!」

 萩原という場所へ来たがここは刈り入れの終わった風景が広がり、所々には脱穀した後の藁がうず高く積み上げられ、揺るがぬように固めてある。人が影を潜めるには丁度いい。
「我らの戦場はここになる。お前達は、あの畦の草むらで忍べ。儂はこの藁束に隠れている。明け方になると、騎馬武者がこの道を通って、我々の傍を横切っていくだろう。こらえるだけこらえて、兵がここににさしかかったところで不意打ちにする。」
 与三と鑓持ちは、牛の糞を盗んできて道の端に落したりして敵が自分たちの隠れ場所以外の物に気をとられるように仕向けた。
「よいか、騎馬武者が数騎で現れたなら、儂は一番後ろを走る獲物を狙う。その後、前の奴らが折り返して戻ってくれば、お前達も出てきて加勢しろ。それまでは、出てくるな。」
夜が明け、物の姿がだんだんわかるようになると、皆、手はずどおりに身を隠した。

 やがて、与三の予見どおりに騎馬武者が二騎、姿を現し、道を走って向ってきた。与三の隠れる藁積みは、騎馬武者の走る畦道より一段下の田のヘリにあり、うまく下から鑓で突ける高さだった。馬の蹄の音に耳を澄まし、風を感じた瞬間に与三は長鑓をつかんで田んぼより道の上に駆け上がりざまに「ヤアッ!」と穂先を下方から上に突き出した。

 朝の澄んだ空気の中で鑓の音が響く。
与三の鑓はうなりをあげて騎馬武者の甲冑の隙間を選んで下腹に深々と突き刺さる。
刺さった鑓をぐるりと押し回せば、武者は内臓をえぐられつつ馬上から引きはがされ、悲痛の叫びをあげて、ドスンと藁の上に落馬した。前を走る騎馬武者は後ろの者が声をあげながら落馬した事にも気づかず、誰も乗せない馬を伴なって、しばらくそのまま道をかけぬけた。与三らはまた藁積みに隠れて騎馬武者が引き返してくるのを待った。
よし、これで二人とも仕留めることができる!!
与三が拳を握って確信するところへ、
「おーーーーい!!与三さまぁ~!!!」と与三を探す者の声が響いた。
数少ない家来分の武藤五郎右衛門である。置いてきたのに、やってきた。そして与三が必死に荒立つ息を殺して潜んでいるというのに、武藤は大声で与三の名を叫び散らしている。更に武藤は吸い寄せられるように藁積みのほうへとやってくる。与三は大きく舌打ちした。
引き返してきた織田の斥候は、甲冑姿の武藤と鉢合わせになった。武藤はヤヤッ!と斥候を睨みつけ、鑓を構えて左右に身を揺らしつつ敵か味方か判断しようとしていた。
 与三は勢いよく立ちあがって藁から飛び出て敵に向けて走り出した。「それは敵じゃ!討ち取れ!」と叫んだので、武藤は手にしていた片鎌の鑓をブンと振るったが、斥候は道を降りて田んぼを大きく旋回し、たちまち逃げ去ってしまったのだった。
「与三さま、拙者に黙って行くとはひどいではありませぬか。探しましたぞ。」
与三は、体の藁くずを払うことも忘れて武藤への怒りの色を見せていたのに、武藤はそれに気づかずとうとうと愚痴り続ける。
やがて田んぼのヘリに転がる瀕死の武者を見つけると、
「やや!!」と首を取りに行こうとした。
「触るな、そこへ置いておけ。」
与三はますます青筋を立てて怒った。
武藤は遠慮無く言い返してくる。
「なぜ首をお取りにならぬのですか。」
「いいから放っておいてくれ。」
「臓腑をはみ出させてうなっておりますぞ。」
「いいから!」
「何ゆえ!!!」
 
 山の端から太陽が完全に昇った時、黒地に赤い威の甲冑を身にまとった武者が数騎を従えやってきた。雉の尾羽を立てた兜をかぶって馬を上品に闊歩させるのは、美しい若武者ぶりの長井伝九郎である。
「やぁ。与三、わが獲物はどこぞ。」
白い歯を見せて笑い、見つめあう合う与三と伝九郎に、武藤はすべてを悟ってムッとした。
「ご馳走が一騎だけになってしもうたが、あの首をとられよ。」
与三は、自分が害した武者を指さして伝九郎に微笑んだ。
「では、馳走をいただこうぞ。」
伝九郎は馬にまたがったまま、武者の首めがけて十文字の鑓を上から力強く突き下ろした。鑓先は地面まで貫き、それだけで、武者の首が転がった。伝九郎の従者が首を拾う。
武藤は、手柄首を人に与えるとは信じられない!という顔をして見ていた。
「ああ、あんなくだらぬ若造にうつつを抜かしてよそ者に功を譲るとは。あれは武士のすることではない!!何とまぁ嫌らしい!!!!」
…と、その言葉を与三に言えばまた叱られるので、武藤は鑓持ちにブツブツとこぼしていた。

 伝九郎はその首を堂々と稲葉山城へ持ち帰った。
身内の活躍に道三も隼人も大喜びで、幸先よいと笑っている。
家老たちも一斉に伝九郎を褒めちぎったので、伝九郎は喜びがおさえきれない。
「ほおお。どこに現れるともわからぬ武者を待ち伏せできるとは、驚いたことよの。さすがよの。」
「さようでございましょうか。」
家老の褒め口上に伝九郎は何度も自分の功績を聞き返す。
「ああ、よい手柄をお立てになられたの。」
「これが本当によい手柄でしょうか。」
「敵を出し抜く手柄でござる。若いながら、伝九郎さまには、まったく以って感心いたす。」
家老たちより、ことごとく褒め言葉を引き出してまわった後に伝九郎は
「実は、この首は森与三殿が仕留めたもの。それを私に譲ってくれたのです。武者を討ったのがそもそも森殿の手柄であれば、更にその手柄を人に譲る事は大手柄も大手柄でございますな。」
と、真顔で言い放って周囲の表情を見やった。
家老たちはグゥの音も出ずに、ただ歯を食いしばった。
 
 伝九郎は、人の居ぬ場所まで与三を連れ出し、後は大いに腹を抱えて笑った。
「ああ、あの時の家老どもの顔を与三に見せたかったこと、見せたかったこと。」
与三はその場に居合わせなかったが、家老たちをギャフンと言わせることができて日ごろの胸のつかえがおりた。恩賞は伝九郎にくれてよいと本気で思っていたのだが、伝九郎は与三を気の毒に思っていたのだろう、憎らしい家老達から与三の手柄を引き出してくれた。
「これで儂は家老連中からはもっと憎まれるようになるな。」とは思いつつも、伝九郎の気持ちが嬉しかった。
「さぁ与三。今から本当の手柄を立てにいかねば。今度は信長の首を取ろうぞ。」
 伝九郎だけは自分の事を理解して、自分の才能を認めてくれる。肉親同士ですら骨肉相食む戦国の世にあって、信じられる他人がいるということは、それだけで素晴らしいことではないか。
自分を慕ってくれる伝九郎を愛しいと思う気持こそが、与三を斎藤家から離れさせぬ最大の理由だった。

 

プロフィール

うきき

Author:うきき
森一族の小説を書こうとしています。

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。